おでかけ
遠くへ、近場への、お出かけの記録。
自己紹介

*三重県の伊勢拠点。

かふぇこ

名前:かふぇこ
主婦で母親。娘が二人。
熱い珈琲と半袖Tシャツを好む、一見男みたいなデカイ人。

決して裕福ではないので、身の丈に合った「おでかけ」を心がけ、あまりお金がかからない、無駄の無い「おでかけ」を目指す。



行ってきたよ!

新記事順です



月別



遠出か近場か



コメント頂きました!



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
来た

USJ


10月16日(月) 2006
うちの長女の小学校では秋休み。
今年は校舎の建て替えがあって、特別に一週間も。
そこで、親も仕事を休んで、家族旅行しよう!と言う事になり
大阪は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」へ行ってきました。

ココだけの話、うちらが東京ディズニーリゾートに行った事や
子供達が「楽しかった!!」と言うのを、いつも聞かされて、
夫が・・・ヤキモチ妬いたっぽい。と言うか焦った?(笑)

USJは、家族全員初めて。
以前大阪に住んでいた時は・・・まだ建設中でしたね。

さぁ、我が家族旅行、お暇な方はご覧下さいませ。。
また、これからUSJへ行く方の参考にちょっとでも役立てれば
幸いです。


一気にご紹介するので、お覚悟を(笑)。


到着!

伊勢の自宅を早朝4時半に出発予定が30分押しの5時出発。
2時間半くらいで着くかと思ったが、大間違い。
そう、スンナリ行けばそれくらいだったかも。
しかし、この時間に出発しても大阪に入る頃には、
もう大阪の街は活動を始めており、道路の交通量も増えていたのだった。
平日の落とし穴は、都会の道路。ここでノロノロとしてしまい
ユニバーサルスタジオに着いたのは、8時半であった。
もう駐車場も開いており、チケットブースも開いていて
そこまではとてもスンナリ進めた。ので、良かったのか!?


本ゲートオープンまでは45分ほど。平日なので、さほどは並んでない様子。
初めて行くので、土日と比較出来ない・・。多分、空いてる。
でも、この時期特有の「修学旅行生」がワンサカ(笑)。
高校生


あー、まゆ毛描くの忘れた・・・。と落胆する私の後ろには
もう全てバッチリ120%メイクの女子高生が・・・汗。

チケットは、4枚。それぞれデザインが違いますね!
東京ディズニーランドやディズニーシーのような「ファストパス」が
無いので、このチケットは、ゲートで機械を通したらお役御免。
カバンの奥底にしまいましょう(笑)。

チケット



ゲートが開いたのは定刻通り9時。
さぁ、これからは私達が回った通りにアトラクションやショーを紹介します。
ヘタクソな回り方だなぁとか、要領悪いなとか、
あそこに行ってないの!?等など、きっとご意見もありましょう。
グッと堪えてご覧下さい(笑)。


1『スパイダーマン・ザ・ライド』
*待ち時間=10分
*保護者同伴で身長102cm以上利用可
スパイダーマン

スパイダースタンプ

↑身長制限クリアの時に押してくれるスタンプ

屋内型ライドアクション。
とりあえず、一番乗ってみたいモノに乗っちゃえという事で。
3D眼鏡をかけて、ライドに乗り込む。
激しく動くライドと、3D映像とで臨場感が出る。
どうやら、スパイダーマンが私達を悪の手から救ってくれるストーリー。
ビルの間をまっ逆さまに落ちたり、すり抜けたり。
激しい動きで、乗り物酔いしそうな勢いです。
真下を向いてないのに、真下を向いてるかの様な錯覚を覚えるのは
どうしてなんだろう?巧い事作ってあるなぁーという印象。
終わって出てきたら、外に列が伸びてました。


2『E・Tアドベンチャー』
*待ち時間=30分
*保護者同伴で身長95cm以上利用可
ET

屋内型自転車ライド。
ETの故郷の星を救う為に、我々もグリーンプラネット(星ね)に
行くのだ!!・・・というストーリー。
まず入り口で星に行く為にパスポート(カード)を造る為に名前を登録。
usj-03.jpg

↑満月をバックに自転車で空を飛ぶ有名なシーンのデザインのカード、
貰えるのかと思ったら、ライドに乗る前に回収されてしまった。なんじゃそら。
自転車型ライドに乗って、レールを進みながらストーリーが進む。
レール脇にある人形達はロボット仕掛けで動くんだけど、どうも・・・(苦笑)。
自転車は空を飛び、眼下に広がる街の灯りと満天の星に
「わ~~~」と云うほど、私は純粋ではなかった(笑)。
何もせずに乗ってるだけだったのに「ありがとう。もうこの星は助かりました」
みたいな事を言われ最後にはETに名前を呼ばれて感謝される。どうも。
イマイチの印象。子供には受けた。
夫と子供二人は夜再び乗った。その時長女は偽名を使ったらしい(笑)。
あなたもETに呼んで欲しい名前を登録してみよう。


3『ターミネーター2:3-D』
*待ち時間=20分
ターミネーター2


屋内劇場型3D映像アトラクション。
何故か『T2』は10時40分からしか始まらない。何故だ!?
『E・T』に隣接してたので並んだが、開始時間まで少し待たされた。
まず入り口が開くと、大広間に結構な人数がテキトーに押し込まれ、
アトラクションのナビゲーターの話を聞く。そう!「綾小路麗華」の登場。
こっちのが、目的だったりする私(笑)。
「青木さやか」的客のイジリ方で、ホールは笑いの渦。
でも、きっと毎日やってるんだろうなぁ、大変だなぁ・・ん?
まぁ休みも取らないといけないからきっと数人居るんだろうなぁとか思う。
このアトラクションは3D眼鏡装着で、大型スクリーンと舞台を
屋内大型劇場で観るのだが、早く並んだからと言ってイイ席に着けるとは限らない。
「綾小路麗華の部屋」?で、彼女に向かって右側に劇場があるので
この部屋に入ったら、右側に張りつく事をお薦めする。
綾小路麗華から遠い方が劇場でも後ろの座席になるので、その辺を
好みに合わせてご配慮を。
実際早めに並んで前の方に居たにも関わらず「綾小路麗華の部屋」で
中央より左側に立っちゃったもんだから、結局劇場では最後部座席(涙)。
スクリーンに映されるんは確かにシュワルツネッガーやリンダ・ハミルトン、
エドワード・ファーロングだが、舞台に立ってるその役の人は
勿論全然別の人(笑)。シュワちゃん、華奢だった・・・汗。


4『ソルシエ』
*ハロウィーン期間限定
ソルシエ

屋外ショー。
開催時間が決まっていて、もうすぐ始まりそうだったので
『T2』を出てすぐの広場へ。
いわば、サーカスとダンスが組み合わさったようなショー。
カエルは高いトコロからゴムで吊られてぴょ~~~んと跳ねたり、
カラスはインラインスケートで飛ぶように舞台周りを走り、
コウモリが高いトコロでブランコに揺れる・・・
カカシ、かぼちゃ、チョウチョ、魔女、ふくろう、蜘蛛、ガイコツ達が
舞台狭しと音楽に合わせて踊り、跳ねる、飛ぶ!
軽快な音楽と、楽しくアクロバティックなパフォーマンス。派手な色。。
子供達も目を奪われていたが、これは好かった。好き、こういうの。
ハロウィーンの時期に来れてよかった!と思える一つ。
カカシ

↑カカシの足。おもしろーい。


5『バックドラフト』
*待ち時間=25分
*熱い
バックドラフト

屋内観覧型ショーアトラクション。
映画『バックドラフト』、あの撮影シーンを再現というコンセプト。
三つ(くらい)の撮影現場風の部屋を一つずつ進みながら映画撮影を体感する。
最後の部屋は爆発!炎上!で、炎の渦に巻き込まれる。
いや、数列に分かれて見るんだけど、絶対1番前の列の人は熱いはず。
水濡れアトラクションでずぶ濡れになったら『バックドラフト』へ!乾くかもよ(笑)。
炎が生き物の様に様々な形になって、なかなか、見応えがあった(最後の部屋だけね)。
消防士フェチには、大変嬉しいアトラクションです(笑)。



6『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』
*待ち時間=60分
*保護者同伴なら身長102cm以上利用可

バックトゥザフューチャー

屋内デロリアンライドアトラクション(笑)。
ドク(博士)が新たに造った、驚くべき8人乗りのデロリアンに乗り込み
歴史が変えられないようにタイムトリップを繰り返すというストーリー。
大きな球型スクリーンを前にこのデロリアンが上下左右前後に動き
臨場感を高める。視界一杯スクリーンが広がってるので、酔う。
後ろの座席は横の視界も遮られるので、益々、酔う(笑)。
前の座席だと、微妙に横が見えるので、前の座席に座ったら、横や天井近くを
見て紛らわしてください。
横に並ぶ同じデロリアンが見れたり、スクリーンの端っこが見れたりします。
アトラクション入り口の前に、デロリアンっぽいデロリアンが置いてあります。



7『フィネガンス・バー&グリル』
*待ち時間=0分(12時頃は並んでた。時間をずらすとヨシ)
*アトラクションではありません。レストランです。

ちょっと遅目(14時半頃)だが、腹ペコだったのでランチ。
夫が「ちょっと行ってみたい」と思っていたレストランがここ。
なんと、「グリーンビール」ってのが在る。
緑麦酒

見た目は泡の立ったメロンソーダ。。。どぎつい緑色にビール好きも
動揺を隠せない様子だった。味は確かにビールだという事なので
きっと着色料で色が付いているだけかと。話のタネにはイイかも。
あと、この店の紹介記事や写真で好く見るのが「オニオンブロッサム」。
花咲く玉葱

その名の通り、玉葱の花。つまり一個の玉葱を根元だけ残して
縦に縦に包丁を入れ、それに粉を付けて油で揚げてある唐揚げのような
モノです。ビールに合うようにかコショウが効いてて辛い。
フライドチキンのような衣でした。
ただ・・・根っこが繋がってるので、指で摘むと他のもくっ付いてきて
食べにい。食べ方の正解を教えて欲しい。


8『スヌーピースタジオ』
*待ち時間=0分
*お父さんの憩いの場
スヌーピー

屋内外子供向けゾーン。
スヌーピーって、映画だったのか。。。とか思いつつ、
子供達が行きたがってたので、食後の身体を休める為(親は)寄る。
まぁ、いわば、、、公園的存在。
子供達は勝手に遊びに走り回り、親はベンチに座ってマッタリする。
つまり親にとっても、一息つける場所だったりする。
実際夫はベンチで座ったまま寝てて、スタッフの人に「大丈夫ですか?」と
起こされた(笑)。
屋内にはジェットコースターもあるらいいが、私は見てない。
スヌーピー着ぐるみが出没。記念撮影にヒッパリダコ(犬だけど←ぷっ)


9『ウォーターワールド』
*待ち時間=20分
*濡れたい人は前へ、嫌な人は後ろへ
*開演時間が決まってるので注意
ウォーターワールド

全天候型屋外ショー。
開演時間は一日に三回。最後の16時を逃すと観れないので並ぶ。が、
どれだけ収容できるんだ!?というくらい大きな会場なので
急いで並ばなくても充分だった。
前の方の席は青い席、その後ろから茶色い席が並ぶが、青い席は
「絶対濡れる」席。そのすぐ後ろは「少し濡れる」席、茶色くても
油断は禁物なのである。夏は気持ち良さそうだが、夕方で涼しくなり始めていたので
茶色い油断禁物の席へ。案の定少し水飛沫が飛んできた。
ショーの間は撮影禁止だが、ショーが終われば撮影できる。
出演してたお姉さんやお兄さんとも記念撮影が可能だ。
ストーリーはイマイチ判らなかったが(笑)、水上スキー、水上バイク、
銃撃戦、爆発、墜落する飛行機、と激しい内容。
そう言えばオープン当初、火薬の量が多すぎて問題になってたっけ?
正面がやはり観やすいかと。ウッカリ柱のトコロに座っちゃったもんだから
見えない部分があって、ちょっと失敗。



10『ジュラシックパーク・ザ・ライド』
*待ち時間=50分
*保護者同伴なら107cm以上利用可
*水に濡れる(ポンチョ自動販売機あり)
ジュラシックパーク

ジュラスタンプ

↑身長制限クリアのスタンプ。アトラクションによってデザインが違う

全天候型ライドアトラクション。
映画『ジュラシックパーク』のように恐竜に出会いながら船で進むライド。
草食恐竜のゾーンでは和やかに進むも、肉食恐竜ゾーンに入ると・・・。
最後に迎えてくれるのは大口を開けて待つT-レックス。
逃げろー!って股下(笑)をくぐると一気に「スプラッシュダウン」!
水飛沫を上げてライドがダイブ。ここで濡れます。右側の席の方が濡れた。
入り口の待ち時間表示が「60分」と云う割りにはスンナリと乗り場直前まで
行ったのだが、あと2グループ、と言うトコロで
「安全の為、ライドの点検、交換を行います」・・・と20分ほど待たされ
結局50分待ちくらいでやっと乗れた。
身長制限(保護者同伴の場合の)が一番高い。我が次女(4歳)がギリギリ。
身長を測ってくれたスタッフの人も「・・・えっと、えっと(汗)」と
迷いに迷ってから「OK」してくれました(笑)。←乗せたのかヨ!!


11『ジョーズ』
*待ち時間=60分
*水に濡れる可能性あり(ポンチョ自動販売機あり)
ジョーズ

かつて、サメに襲われた観光地アミティも、今はハイテク技術を導入し
安心安全平和な観光地になった。我々はそこで船に乗って観光する客。
船頭?さんがちゃんとガイドしながら進んで行くが・・・
そこにあの人食いザメ"ジョーズ"が復活、襲いかかってくるのだ!
このアトラクションは「夜がまたいいよ。水中の仕掛けが見えなくて
ドコからサメが出てくるかわからないからドキドキする」とテレビで
紹介してたので夜乗るゾ!と最初から決めて行った(笑)。
確かに暗い方が迫力がある。最後に爆発とか炎上とかあるから
夜の方が多分良さげ。是非お薦めする。
ただ、船の進行方向に向かって、左側の方がジョーズがよく見えます。
前方の方は水にも濡れるので、濡れて困るものはビニールに包めるなどして。
座席や足元、結構濡れてました。座る時、座席や足元にご注意を。



12『ピーターパンのネバーランド』
*パーク最後を飾るショー
*特別鑑賞エリア(有料)あり
ピーターパン

一日の最後を飾る、パーク中央のラグーンでの屋外ショー。
クック船長の海賊船や、迷子の住む森、マーメイドステージは
一日中配置してあるので、日中から見える角度を計算して
鑑賞する場所を決めておくのが手かも。
池の端と端に高い鉄塔があって、その間に一本ケーブルが通ってるのが
明るい内に確認出来る。
そう、そのケーブルを使って、ピーターパンが空を飛ぶのである。
光と花火を組み合わせたミュージカル仕立て。
ウエンディが、大人になって、娘にピーターパンの話を聞かせる設定かな?
最後は娘のジェーンがピーターパンと共に空に舞い上がり
ネバーランドへと旅立つトコロがクライマックス。
非常に見え難いゾーンがあるので要チェック。大型スクリーン二つ設置してあり
ショーを観れるようになってはいるものの、やはり肉眼で観たい。
空を飛ぶピーターパンは圧巻。吊られて飛んで行く~~!(笑)
ちょっと、やってみたい。。

閉園
閉園

『ピーターパンのネバーランド』のショーが終わると、パーク内は閉園のムード。
フードカートは殆ど閉まり、レストランも閉まる。開いてるのはお土産屋くらい。
うちも、ピーターパンのショーを見終わってから、少しだけお土産の買い物をした。
因みに、買ったお土産を入れる大きな袋はビニール製のは有料(!!)、
ビニール袋を買わない場合は、紙袋になる。トコトン大阪商人(笑)。

買い物を終えてゲートから外へ。オープンからクローズまでずっと遊んだので、クタクタ(笑)。
例の回る地球の前で記念撮影したりしてから、パークを後にした。
子供達も喜んだし、4歳の次女が乗れるライドは少ないだろうと思ってたが
結構乗れて(というか、全て一緒に乗ったもんね)。
ビビリの長女も、結構付いて来て、振り返れば「怖かったけど、楽しかった!!」とご満悦。
負けず嫌いの次女は「ちょーーーっとだけ怖かったけど、怖くなかった!」(どっちやねん)と
こちらも楽しんだ様子で、「また来たーーい!」とはしゃいでた。

私は脚が棒の様で(笑)、車に乗り込むにも脚が上がらず(笑)。
上本町駅ちかくのホテルに着いたら、食事もソコソコに倒れ込んで眠った(笑)。



チケットについて
我が家は大人二人、子供二人、「1日券」をそれぞれ購入。
子供は4歳から有料。小学生までが子供券、中学生からは大人券になる。
他には、2日券や1.5日券(一日目は15時入園、二日目は丸一日)や
15時からのトワイライトパスとか、、、
そりゃもう沢山のパスがあるのだ。。
「これは・・・一体どういうパスだ!?」ってわかんないのも中には(笑)。
そのパス以外に「エクスプレス・パス・グックレット」と云うのがある。
これは、アトラクションに乗る際に、通常の並ぶ入り口とは別の入り口から
入らせてもらい、待ち時間を大幅に短縮できるというパスが
7つのアトラクションの「ブックレット7」や
4つのアトラクションの「ブックレット4」など。
TDL&Sで云うところの「ファストパス」。
「ファストパス」は時間が決まってたり、一度にいくつも取れなかったりするが
USJの「エクスプレス・パス」は何度でも乗れて、時間もいつでもいい。
「ファストパス」はお金要らないけど、「エクスプレス・パス・ブックレット」は
・・・有料(笑)。流石?大阪アキンドの街!!って感じ。
さらにラグーンショーの『ピーターパン』、真正面の良い席は
これまた有料だ(笑)。よ!!流石、大阪。

しかし、我が家はどれも買わず(笑)。入場パスだけ購入。
我慢出来ないほど並ぶなら「エクスプレス・パス・ブックレット」の
購入も考えたが、平日のおかげで、最高でも60分待ち。
こういうときはブックレット買うのも勿体無いよね。
だって「ブックレット7」は3500円。「ブックレット4」は2000円なのだ。
これは平日の話で、土日や祭日なんかは「7」が4200円、「4」は2800円だ。
うひょー!!だよ。
よっぽど急いでなければ「エクスプレス・パス・ブックレット」は必要なしかと。
但し、土日や祝日、春休み夏休みお正月などは混雑が予想されるので
きっと買った方がうまく時間短縮できて、小さなお子さんやお年寄り連れは
楽であろうと思われる。パークに入ってからでも購入可能なので
様子を見てみるのも良いかも。


番外編
「ハロウィーン」の時期だったので、期間限定のサービスや商品が沢山。
レストランではかぼちゃを使ったメニューがあったり、仮装OKだったり
カードにお願い事を書いて願いの叶う?「願いの社」にかけるとか、
「キットカットパンプキン」の印を付けたクルーを見つけて「トリック・オア・トリート!」と声をかけるとキットカット貰えたり(子供限定)、
色々あるみたい。
それなりに楽しんでしまうのが"手"ですね、こういう時は(笑)。


ピンクカフェ
ピンクカフェ

店内から食べ物から全てピンクと言う、落ちつかなさそうな、そして食べ物は
身体に悪そうな(笑)、ピンクカフェ(ハリウッドエリア)。
怖いもの見たさで、行ってみたかったけど、時間がなかった。


薄い珈琲

ワゴンのお店「フードカート」も、パーク内のそこここに。
勿論ポップコーン、チュロスはある(笑)。他には「ジュラシックパーク」辺りで
骨付きの七面鳥を歩きながら食べてる人を見た。「ジュラシックパーク」だけに
妙にリアル(笑)。美味しそうだったよ。
我が家はポップコーン(キャラメル味)とかしか食べなかった。。
珈琲は、非常に・・・美味しくなかったです(苦笑)。


誰?

誰?この人・・・。
腰に回した右手に「3Dメガネ」持ってるんだよね・・・(笑)。



全体的感想
パークは勾配が少なくて、フラットなので、車椅子とかベビーカーでも
非常に進みやすいかも。
ただ、アトラクション内は車椅子から乗り換えが必要だったり、介護者が同伴で無いと
乗れない乗り物も少なくないので、チェックが必要。
勿論、ベビーカー(B型)や、車椅子、電動三輪等は貸してもらえる。
うちのように小さい子供連れでも、階段や坂が多いと、気が抜けないけど
その点は安心して歩けた。

街並みも巧く造られていて、映画の中に迷い込んだ女優気分が味わえる(?!)。
夕暮れ時や夜など、通りを歩いてみるだけでも、なかなか気分が出る。
「フォトスポット」が沢山あって、看板が立っているので、そこから
風景をバックに記念撮影すると良いらしいよ(知らなかったけど)。
映画に出てくる建物を再現したモノや、マンハッタンの街並みの奥にある
描いたビル群なんかは、流石「映画」の職人技という感じ。何処からが平面で
何処からが立体なのか確めに行きたくなる(笑)。

「小さい子供にはどうかなあ?乗れないもの多そうだし・・・」と思ってたけど
意外にも沢山乗れたし、そうでもないんだな・・・という印象。
流石に1歳、2歳の子供が乗れるアトラクションは少ないけど
「チャイルドスイッチ」というシステムもあり、親が交代して乗れるし
ベンチも多い。アチコチのベンチで子供のお守をしてるお父さんも見た(笑)。

大人二人、10歳一人、4歳一人。
全員充分に楽しめた、USJ。
アトラクションランキングは・・・

10歳は『ソルシエ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。
4歳は『E・T』『ウォーターワールド』のお姉さん(笑)。
夫は『ウォーターワールド』、私は『ソルシエ』

皆が楽しめて、良かった良かった。




長々とダラダラと書いてきたけど、ココまで読んでくださった方・・・
いらっしゃいます?(笑) 途中で寝てませんか(笑)?
つたないご案内で、申し訳ありません。
いやいや、ココまで読んで下さった方も、途中を端折った方も
ご覧下さって本当に有難うございました。
そして、お疲れ様。

大阪旅行二日目の事は、また後日アップ予定。
お楽しみに。


大阪ユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式サイト
http://www.usj.co.jp/index.html
スポンサーサイト

この記事に対するご意見等

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。