おでかけ
遠くへ、近場への、お出かけの記録。
自己紹介

*三重県の伊勢拠点。

かふぇこ

名前:かふぇこ
主婦で母親。娘が二人。
熱い珈琲と半袖Tシャツを好む、一見男みたいなデカイ人。

決して裕福ではないので、身の丈に合った「おでかけ」を心がけ、あまりお金がかからない、無駄の無い「おでかけ」を目指す。



行ってきたよ!

新記事順です



月別



遠出か近場か



コメント頂きました!



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキドキお鮨屋さん
9月27日(水) 2007

夫の仕事休みの日。私もバイト先にお休みを頂いて
久しぶりに子供ナシで、デート?!
さてさて・・・映画にしようか、家でDVD観るか・・・
と思っていたのに。。

夫はお昼の12時まで爆睡(笑)。
まぁおでかけはないな、と思っていたので家でノンビリするつもりだった私。

しかし夫は起きてきて
「さて・・・出掛けるか」と。
「ど、何処へ?あんまりノンビリできないぞ。4時にはお迎えやし!」と私。


「"伊な勢"へ行くぞ!」

え~~~!?

"伊な勢"とは、、伊勢に出来て間もない新しいお鮨屋サン。
回転寿司とかじゃなくって、ちゃんとした?お鮨屋サン。
おー、こんなところ出来たんだ~ランチくらいなら行けるかもね?
なーんて話した事が確かにあったはあったが・・・

唐突過ぎる!!
な、、、何着ていけば良いのだ~~~!?

と、アタフタ用意をして、ドキドキ出発だ!!





伊な勢


まず、その場所の判り難い事。
昔からの古い狭い道をチョコチョコっと行かねばならぬ。
我々は自転車で行った(笑)。



まず、その門構えに驚く。
なんじゃこりゃ。立派な門だなぁ!!
と、既に腰がひける(笑)←ヘタレ
↓門の屋根にしゃちほこ?が居るよ~~!!た、高そう(料理が)
inase01.jpg

お店のしおりを読んだら、この門は移築したらしい。

その立派な門のトコロにご親切に「お品書き」があったので覗いてみると
ランチセットが2000円とある。うん、これなら(笑)。と入る事に。

建物は純和風建築。しかも古そう。かなりのお屋敷だ。
玄関とかガラス張りのモダンな感じ。
おお~、お上品な人以外お断り、とか書いてないだろうなぁ?(笑)
とか思いつつ進む。玄関で靴は脱いで上がる。↓玄関
inase06.jpg



inase02.jpg
↑カウンター
入り口で迎えてくれた店員サンが「テーブル席にしますか?カウンターにしますか?」と
聞いてくれたのだが、二人きりなのにテーブル席を一つ潰すのも申し訳ないように思って
「カウンターで」と言ってしまった・・・。

夫は「え!?カ、カウンター?!」という顔をしていたが
私は何の事かイマヒトツ判ってなかった(笑)。
お鮨屋でカウンターと言えば特等席なのね・・・。
座ってみたら、目の前にお店の大将が。汗
「し、しまった・・・ランチセットとかで大丈夫なんだろうか?!」
「カウンターに座ったらお鮨を普通に握って貰わないと駄目なのか?!」
カウンターのガラスケースには新鮮なネタがズラリ。。
そしてメニューには・・・・値段が書いてない!
変な所から汗が流れる。夫は辛うじて(笑)ビールを注文。
で、、、結局「ランチのセットを二つ下さい」・・・・。


inase03.jpg

お料理は、お上品な味で、少しずつ出てくるので、ゆったりと食べられる。
緊張して余り味わえなかったような気がする(勿体無いね)。
inase05.jpg

箸置きは縄?ロープ?を結んで、漆を塗ってあるそうです。グッドアイディア。

カウンターに座ってランチセット。
これ、後になって思えば正解だったかも?!
と言うのも、他のテーブル席はカウンターのある部屋とは
別の部屋(2~3部屋)にあるので、お運びサンが運んで行く為
大将がカウンターで握って五貫まとめて大皿に乗せて持って行ってたのが
カウンターに座ると、目の前で大将が握りたてを一貫ずつ
ネタの説明しながら、目の前のお皿に乗せてくれるのだ。
同じ2000円セットでも、これはなかなか嬉しい。
( 回らないおすし屋さんなんて初めてなのだ)
いやぁ、お鮨の味が判る訳ではないが、美味しかった。
贅沢したなぁ!という感じ。2000円で、これはお得感がある。

お庭は日本庭園。渋い。
庭園を囲む様に廊下があるが、広いし、庭側はガラス張りなので明るいし
大将のご親戚の古い家を改装したらしいが、とても和風でモダンに仕上っていて
センスを感じる。大将は30代後半でお若いからかな?

バリバリの日本家屋なのに、お手洗いは洋風で最新型。
女性客が大層喜びそうな感じだった。

いやいや、出掛ける時はアタフタしてドキドキしたが
帰る頃には落ちついて来て、「来て良かったよ」と思った。

まぁ、勿論そう頻繁には来れませんが(笑)、また来たいなと思わせてくれるお店だった。

お店の裏には伊勢市内を流れる勢田川が。
勢田川沿いの道路川からお店の裏側を撮影。↓
inase04.jpg



ご馳走様でした!!
スポンサーサイト

この記事に対するご意見等

ふぅ~~~~ん、そんなおすし屋さんに行ったのか~~~。
無縁の生活レベルだったもんね。。うちら。
カウンターが特等席とか、知らんもんね。
回るスシすら最近行ってないというのに。
でも、たまにはいいよね!
美味しいレポートありがとう!
またいつか、自分たちが行く時の参考にさせてもらうよ。
(予定は未定)
【2007/10/02 23:13】 URL | short #- [ 編集]


コメントありがとう。
いやいや、我が家とて、こんなお鮨屋は異例です(笑)。
でも、ランチなら手が届く・・・そんなお鮨屋。
2000円であの雰囲気を味わえるなら、と思いました。
でも2000円あったら映画一本・・・
ハードカバーの本1冊・・・・(笑)。
それが約40分程で終っちゃうんだから
勿体無いと言えば勿体無い・・・
でもでも~~~(笑)。
【2007/10/28 18:46】 URL | かふぇこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。