おでかけ
遠くへ、近場への、お出かけの記録。
自己紹介

*三重県の伊勢拠点。

かふぇこ

名前:かふぇこ
主婦で母親。娘が二人。
熱い珈琲と半袖Tシャツを好む、一見男みたいなデカイ人。

決して裕福ではないので、身の丈に合った「おでかけ」を心がけ、あまりお金がかからない、無駄の無い「おでかけ」を目指す。



行ってきたよ!

新記事順です



月別



遠出か近場か



コメント頂きました!



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河崎ブラブラ
河崎をブラブラ


伊勢の河崎という町は、勢田川という伊勢を流れる川沿いに栄えた町。
昔々、まだ水運が中心で、伊勢への物資を伊勢湾から勢田川を通して
この河崎へと運び込まれた。
その物資を、河崎から伊勢参りで賑わうまちなかへとさばかれていたのだ。
つまり河崎は当時、「伊勢の台所」として、明治の中頃まで
伊勢の商業の中心であったのだ。

昭和に勢田川河川改修工事に伴い、川沿いに並んでいた蔵や古い建てものも
数多く取り壊されてしまった。

しかし、少し前から河崎を見なおす運動も始まっており
現在残っている古い商家や町屋、石積みの蔵など、保存したいと
地元の人も願っている。

今は古い蔵を再利用したショップやカフェなども増え
隠れた観光名所として静かに注目を集めている。

ブラブラ散歩するには丁度イイ町、河崎へ
さぁて行ってみましょうか!







お天気が良くて、勢田川の水面がキラキラと輝いている。
seta
↑勢田川にかかる新北橋から中橋を望む

商人館
↑伊勢河崎商人館の商人蔵が並ぶ。
NPO法人が江戸時代から酒問屋を営んでいた国の登録有形文化財・旧小川屋商家を買い上げ、拠点的施設「伊勢河崎商人館」を平成11年に作った。
この「商人蔵」は一の蔵、二の蔵、三の蔵と名づけられ、中はチャレンジショップが入っている。
河崎
↑夜になるとまたロマンチック!?


つたや
↑新北橋のほど近くにある古い伊勢うどん屋さんの「つたや」
なんとチャーシューが乗った伊勢うどんなんてのがあるらしい!
ちょっと食べてみたいぞ~~~。

和具屋
↑「和具屋」さん。
ここは物凄く古い瀬戸物屋さん。蔵は三百年は建っているそう。
通りに面した間口の広さはソコソコでも、奥までが物凄く遠い(覗いただけだけど)。
入り口からずーーーっと奥にまで続く、トロッコ用線路が未だに残っているのが印象的。
きっと昔は、もっと伸びていて、川から続いていたと思われる。
川からあげた瀬戸物をトロッコに乗せて、奥の蔵まで運んだのだろう。
要予約で蔵まで見学させて貰えるそう(100円)。

八百屋
↑八百屋さん。
どうだ!このスタイルを貫き通している八百屋が、まだあったのだ!と、思わせてくれる八百屋さん。


河崎蔵
↑古い建物を利用した喫茶店。残念ながら定休日だった。「河崎蔵」

居酒屋虎丸
↑居酒屋虎丸。
虎丸は古い蔵を再利用した結構伊勢では有名な居酒屋。何でも「良い魚が手に入らなかったら、その日はお休み!」ってくらい
拘りを持った大将が営んでいるのだから、そのネタの新鮮さは誰もが太鼓判を押す。
人気店なのに、席数は少ないので、あっという間に満席になる。
かくいう私も数回行ってみたが、未だ入れず・・・(涙)。

播田屋
↑播田屋さん
1861年創業の老舗の和菓子屋さん。播田屋といえば、「絲印(いといん)煎餅」という有名な小さく可愛い小麦粉系の煎餅が有名。
その他にも勿論和菓子が並ぶ。夏になると葛餅や葛きり、若鮎など、涼しげな和菓子が出る。
季節季節に和菓子屋を訪れるのも、これまたオツなものだ。


川沿い
↑勢田川の川沿い

街並み
↑河崎の街並み。

蔵の窓の扉?
↑蔵の窓の扉。
重そう~。昔からの蔵が多いと、今ではあまりお目にかかれない物にも
バッタリと出くわす事が出来て、ブラブラ散歩は良いのだ。

世古
↑世古。
伊勢では大通りに対して、細い小道などを「世古(せこ)」と呼ぶ。
名前の付いた世古も数多い。「大世古」「びっくり世古」等など。


ご紹介したいカフェがあったのに写真を撮るのを忘れてしまった・・・汗。
その内に追記するかもしれない。


JR・近鉄「伊勢市駅」から程近いのに、あまり観光地化されていないし
人も余り訪れない。しかしながら、ジックリ歩いてみると、
一帯が博物館のように感じられる「河崎」。
生活している地元の人も勿論居られるので、騒がず慌てず、静かに歩き回るのがオススメ。

商家や町屋、要所要所に説明の書かれたプレートがあったので、一つ一つ読みながら、今度は歩いてみよう。
きっともっと河崎の事が解るだろう。




スポンサーサイト

この記事に対するご意見等
伊勢市河崎
初めまして、森男と申します。

赤福の不正報道から伊勢志摩が懐かしくなり、こちら様に辿りつきました。
河崎の町並みや裏の広い川の風景は未だに覚えております。

赤福事件に際し、私のブログ「林住記」に記事を書く際、播田屋や河崎について触れたく、かふぇこ様のブログにリンクさせて頂きたいのですが、如何でしょうか?

近日中に投稿するつもりでおります。
【2007/10/14 21:26】 URL | 森男 #tN6Aq8jM [ 編集]


またお邪魔しました。「林住記」の森男です。

赤福、生ものですので、ご了解を頂かないまま投稿しました。

ご不快なら、リンクは外します。
【2007/10/16 11:10】 URL | 森男 #- [ 編集]

遅れました
初めまして、森男様。
今回は、有難うございます。
なかなかログインもままならず、お返事が遅れましたこと、
申し訳ありませんでした。
ブログリンクの件、わざわざ有難うございます。
全然お気になさらず。ドンドンお使い下さい。
一度、ご挨拶がてら、森男様のブログもよせて頂きます。
有難うございました。
【2007/10/28 18:43】 URL | かふぇこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。